スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓オモロかったらポチっと↓


にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ



OHACHAN_banner.gif にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ








artstudiomika_logo.jpg

ドリトル先生


ひととき1




小学生の頃 見た目に似合わず本好きだった

読書カードのリストが埋まるのも早かった

で 中でも好きだったのが Dr. DO LITTLE

ドリトル先生シリーズ



何故か我が家には ドリトル先生シリーズのハードカバー全集が

ぎっちり揃ってた

読まない手はない





ひととき2



今はもう そのハードカバー全集は

寄贈したか?なんかで 手元に無いが

文庫本で出版された全集が 綺麗にMY書棚に並んでいる

もう 何回読んだのか



ドリトル先生になりきって

ヨークとオハギに アテレコ

物語を書いてみよう








ヨーク(以下、ヨ)  『先生、mika先生。ちょっと、どういうことですか。』


mika先生(以下、m) 『なんだい、ヨーク?そんなに泡食ったりして。何事かね。』


ヨ  『ほら、あれをご覧下さいな。オハギですよ。ずんぐりむっくりした黒い猫。』


m  『ああ、オハギかい。オハギがどうかしたかね。』


ヨ  『どうしたもこうしたも、あったもんじゃありません。』

   『食っては寝るの繰り返しで掃除のひとつもしやしない!おやまあ!欠伸なんてして!』



m  『いいじゃないか。   うん。    猫なんだし。』


ヨ  『先生がそんなだから、つけ上がるんです!あの猫が陰で私に何て言ったかご存知ですか!』





ひととき3



オハギ  『 。。。。。世渡り下手犬 』



m  『言い得ているではないか。それよりも裏の小川で水を汲んできなさい。』


ヨ  『はい!!ただいま!。。。。。あれ。。。。なんか腑に落ちんぞ。。。』



<以上 ドリトル先生風>








社長に 文筆の才は 無いようです








↓オモロかったらポチっと↓


にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ



OHACHAN_banner.gif にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ








artstudiomika_logo.jpg

うん
そう、猫はずる賢いってイメージだよね
世渡り上手(^_^;)

おはぎちょろんの最後の写真がウィンクに見えてサイコー~♪

部長は死ぬまで追いつけないわ~(^_^;)

いいじゃん!
従順に健気な愛を謳い続ければ・・・(^_^;)

σ(^-^)はそんなワンコを愛して止みません(*^_^*)
下記の旅行記、楽しく拝見!
暑かったんね。 あそこがポニョの元になった場所なんだねぇ・・・
定期的にあの人来ているみたいだよね確か(^^)v
ヒゲはあまりに有名になってもーたですが、今でも尾道が大好きです! ビバOOBAYASHI!!
なんですよ(^^ゞ

ロケ現場にオル達と足を運び、あの有名なドビンちゃんにもあって我が家の皆の衆は唸るし(爆)

こんど我が家もぽにょになるかな・・・

ドリトル先生かぁ、懐かしい。 ヒゲもちょっと憧れましたよ、動物と話せるなんて。 動物の立場になってという思考が好きでした。

でも全然関係ないのにこれで思い出すのが手塚治虫氏の「ミクロイドS」 敵となる改造虫が人類を襲うのですが、たしか虫を故意的に殺さずに調和しつづけた人間は彼らに襲われない場面が好きで、幼いながらも自然とは調和して彼らに思いやりを持たないといけないんだと、あの漫画を通して強く心にインプリメントされたのでした。(たんじゅんじゃ!) 虫は哺乳類などからすると恐ろしいぐらいロジックな形態を持つ生命で、いわばコンピュータ的に倫理をつくり判断してますからねぇ。 でもそんな彼らにも「愛」ってあるはずなんだと今もどこかで信じているヒゲなのでした。
ポル7さん
オハギは全身で余裕をカマしてますからね
生まれながらの世渡り上手
媚び売り上手

どっこい、白黒犬
真面目一徹、ルールは絶対厳守
しかも、媚びれない



飼い主が OH!曖昧~なところがあるんで
至極 混乱されてるときがあるようです

本気で すまないと思う(じゃっくばうあー風)


そんなところが 最高に可愛いです
ひげさん
ドビンちゃん???

尾道、大和見に行ったな~~~
戦艦好きのお客さんに連れられて。。。。汗
尾道もブラブラサンポしに行きたいですね~

ドリトル先生、読んでますか?
ちょっと差別的な表現があれども。。。。
物語に関してはサイコー。ドリトル先生になりたいが為に
獣医になりたかったですもん。
頭と努力が足りんかったので今に至る。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yoke.blog52.fc2.com/tb.php/930-31973f61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。