スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓オモロかったらポチっと↓


にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ



OHACHAN_banner.gif にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ








artstudiomika_logo.jpg

反抗と自信




自主練1



部長 現在4才

今年の秋には5才


イケイケのヤングアダルト世代といったところでしょうか




俗にいう 『ビビリ気質』 な部長

しかもハンパがございませんので

『こーわーいー や~ン』 じゃ済まない

『ここで殺られるくらいなら 見てろ俺の生き様を! でいっ』 



カミカゼ特攻隊なのである

追いつめられたネズミが狂気の沙汰に及ぶのと同じである

『窮鼠猫を咬めない』 なのだが

(対象物が無生物が多いから ex.転がっとるバケツとか)

転がっとるバケツに追いつめられるほどの想像力を持っているのである

転がっとるバケツに殺されるくらいなら自害を選ぶ犬なのである

転がっとるバケツが たまに ポイ捨てのコンビニ袋のときもあるのである

確実に日常生活にいらないのである

でも雷だとか 自動車だとか バイクだとかは 頓着ないのである

基準がそもそも 分からないのである




まあ 部長の質は どうでもよろしい




こういう不憫な犬と生活していて

なんとも言えぬ違和感を感じておった折

(我が子の将来が心配みたいな)

運良く回りにトレーニングをされてる方が多かったので

部長もその世界にまんまと潜り込むことに成功


そうこうしてると 反抗期に突入



2才~3才の きっかり1年間

天晴れ見事な反抗期

そこで色々と お互い勉強できたなと

今日この頃の部長を見て思う





自主練2



生まれ持った気質と言ってしまえば そうなのか

ビビリ が悪いとは思わないけども

どうせなら できるかぎり ビビリ気質を無くしてやりたい

ウチの犬 ビビリなんで。。。 を 何か事の理由にしたくない

その想いがトレーニングを始めたキッカケだった



で トレーニングを始めて 部長と挑戦を続けるうちに



コワイから 後ずさる

コワイから 唸る

コワイから 信じられない

コワイから コワイから コワイから


で その反動が反抗に繋がってんのかなと思っていたが




自信がないから 後ずさる

自信がないから 唸る

自信がないから 信じられない


自信が持ててない

自信が持ててないから 社長の言うこともよく分からない

自信が持ててないから 頑なに 初めての物事を見ようとしない



コレが部長の ビビリの根源

そう納得できたのも トレーニングを通してこそ




ビビリが 我が犬の気質とするか

甘やかして 自信の持てない犬のままか



改善できるのは 後者ではないか



コワイものを克服しようと 何度も克服練習したところで

コワイもんは コワイ

頑固部長の場合は 反抗に拍車がかかってしまう



だがしかし 自信を持たせてやると。。。

ちょっと調子に乗り過ぎることもあるが

そんなもんはビビルことに比べたら 可愛いもの

『俺 余裕だし』を無言の目で訴える我が犬に

ちょこっと 頼りがいさえ感じる

何より顔つきが 全く違う

誇らしい




もともと好奇心旺盛で 何事にも動じない犬と

もともと疑心暗鬼で 何事にも超慎重な犬と

一長一短 それぞれに。。。


目の前の我が犬と 七転八倒すること程

楽しいことはありません な







反抗期にお悩みの方は → ココをクリック ←
部長の反抗期は 壮絶だったでよ~
社長 vs 部長
毎日緊迫してたな~ あっはっはー


↓オモロかったらポチっと↓


にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ



OHACHAN_banner.gif にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ








artstudiomika_logo.jpg

ここまで人間がいじくって出来た生命だから、ある意味ヨークの本質ではないだろうかと。

そしてそれは決して消せることも矯正することもできないような。


反対にそこまではっきりした精神の根本を見せてくれているのでハンドルしやすいと感じる。

犬の中には表に出さないドミナンな奴もいる。本当に大人しくうなることもない・・・が、実はその行動の根本はその飼い主を自分のコントロール化に置いているという奴だ。

意外といるのよんこの手の犬って、その利口で大人しい瞳の奥に潜む優位性をたまにヒゲはお客様の犬などで見てしまうのだが、うなってガルルルの犬よりも怖いです・・・例えるならイタリアのマフィア的な・・・無表情の狂気といいますか・・・闘争心といいますか・・・(狂っているわけではありません、とてもクレバーなのです)

こちらが気がつくとまるでその犬は視線をこちらに持ってきて「だまってろよ・・・」と言った具合です。 けっこうきますよ・・・(^▽^;)
ひげさん
そうそう!根本は変わらんのですよね~。。。
未だ初物にはものすごい警戒した態度(というより超動揺した態度 笑)じゃし。
が、犬に『自信』を持たせるか否かで、その後が変化するのを
この2年程で経験した次第です。
犬の本質云々より飼い主の態度の変化、というのをこの記事で言いたかったのね。
犬に無いものねだりしてもね~ 笑
大混乱じゃ~~

部長は喜怒哀楽が大変に分かり易いかも。
誤摩化すこともなく、媚びを売ることもなく、
納得できないことは頑として聞かぬ。怒れば怒る程、デスマッチ~~ ひょーっ
最近ようやく、お互い分かってきた感じ。それぞれのルールが。

↑のドミナンな犬って、もともとの性格?も強いから??
ウチの精神的に強くない白黒犬は
飼い主がヘタレだと狂犬になるパターンですな 爆
危ない危ない。。。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yoke.blog52.fc2.com/tb.php/1115-dab6ec98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。